どS美容師に質問

ストキュア!トリートメントと ストレートの融合?

ストキュア って知ってる?

システム・トリートメントと
ストレートパーマが融合した革新技術。

 

「ソフトなストレート効果」とシステム・トリートメントと違う
「極上の質感」。しかも、「高い持続性」を“カット+40分~”の
「時短プロセス」で実現しました。

 

 

“ちょうどいい”
ストレート・トリートメント

「クセは気になるけど、矯正やストパーをするほどでもない」
「まっすぐ過ぎやペタンコはいや」「ダメージが気になる」
「時間がない」…といった髪の悩みを解決する、

 

システム・トリートメントと
ストレートパーマが融合した革新技術です。

 

 

 

ぢ〜ぢの愛孫 きぃちゃん
1日1回 クリックをお願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

んじゃ 今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

初めまして、いつもブログ
拝見させていただいております。

東京で理容師をやっております。

 

ストリートメントの記事読ませていただきました。

一番気になる点は、

余計なトリートメント成分が

ss再結合を邪魔して余計に髪を痛める。

という部分です。

それさえ無ければ
ストリートメントも良いなと思います。

 

今流行っているストキュア、
というものは1剤の上から
70℃〜100℃のアイロンでスルーするという

なんとなく恐ろしそうな技術なのですが、
do-sさん的な見解が伺ってみたいです。

 

過去記事でありましたら
申し訳ございません。

・・・・・・・・・・

 

ホイホイ!

 

ストリートメントの記事はこれね

ストリートメントって髪は傷まないの?

ストリートメントって髪は傷まないの?
ストリートメントって なんなの?   ストリートメントとはズバリ、 「縮毛矯正(ストレートパーマ)」&

 

余計なトリートメント成分が

ss再結合を邪魔して余計に髪を痛める。

そう そのままだけどね(笑)

 

さほど くせを伸ばさなくてもいいって場合の
ヘアダメージの少ないストレート技法を
実はぢ〜ぢは考えているんだよね〜

もう少ししたら 公開するんで待っててね♩

 

 

んで 今回の質問

>今流行っているストキュア、
というものは1剤の上から
70℃〜100℃のアイロンでスルーするという

なんとなく恐ろしそうな技術なのですが、
do-sさん的な見解が伺ってみたいです。

 

ストキュアね・・・

システム・トリートメントと
ストレートパーマが融合した革新技術ってことは
ストリートメントと同じようなもんなのか・・・?

 

メーカーさんの説明は・・・

《ストキュア》はストレートパーマの
「還元・酸化反応」(2剤式)と、

システム・トリートメントの
「イオン・コンプレックス反応」(3剤式など)を
融合させたハイブリッド・テクノロジーです。

 

ま 成分的には 超〜ありがちな感じで

加水分解ケラチン(PPT) セラミド類似体(CMC)
エルカラクトン ミルスタイルX-HP
熱反応型ケラチン、コラーゲン、シルクPPT・・・

還元剤は システアミンとチオの ミックス
酸化剤は ストレートでは珍しく ブロム酸だね。

 

工程的には カット+40分〜という時短メニューで

 

ハーフドライ状態で 前処理後 薬剤塗布

プロテクトフィルムつけて 低温ダイレクトアイロン

んで 5〜10分放置後 中間処理でバッファー剤(汗)

そして ブロム酸の2剤で酸化処理 放置タイム後

水洗 アフタートリートメント。。。

 

 

 

んで 場末のぢ〜ぢの見解としてはだね・・・

 

まず 一番 驚愕したのが

 

2剤酸化前の バッファー処理(汗)

 

今だに こんな昭和のパーマ理論が
まかり通っているのにビックリした!

 

バッファーや アシッド処理等は
2剤の酸化の後にしないと 絶対ダメだからね!

 

 

 

詳しくは この二つの記事たちを熟読してね

 

パーマの中間での 酸リンスが間違いの元・・・

パーマの中間での 酸リンスが間違いの元・・・
昭和の頃・・・ まことしやかに 理美容師間で言われていた   パーマは2液で締まる!!! &nbsp&

 

間違いだらけの 2液前の酸リンス

間違いだらけの 2液前の酸リンス
昭和の終わり頃ぐらいから 理美容室で行うパーマの工程で ちょい変化があった・・・   それは2剤の前&

 

ストキュアを信仰してる美容師さんたちも
この時代遅れの バッファー処理だけは
メーカーの言う通りにしないほうが
いいと思うけどね。(個人的見解)

 

 

あとは ストリートメントの時と同じで

 

普通の縮毛矯正と ストキュアで

同じレベルの強さ(クセの伸ばし方)の

ストレートパーマをしたと仮定すると・・・

薬剤反応は ほぼ変わらないので

ヘアダメージも 同じ程度だろうね!?

 

いや いや もしかしたら

余計なトリートメント成分が

酸化の邪魔して 持ちが悪かったり

SSの再結合が 不十分だったりして

 

後々の 髪の傷みは 

ストキュア の方が

多い場合も十分にありうるね♩

 

 

以上 コピペ(笑)

 

DSC00861

 

んでね このストキュアの工程を読めばわかるけど
こいつは 一般的な縮毛矯正とは全く別物だよね。

みんな よ〜く考えたら わかるでしょ

簡単に言うと・・・

 

手触りの良い 昭和のストレートパーマ(爆)

 

 

下水の肥やし(処理剤、感触向上剤)まみれで

還元剤のパワーも弱め 水洗も乾かしもせずに

そこそこの温度のアイロンで加温する・・・

 

 

髪が濡れてる時は 還元が進行するんだから
ま 普通に1剤(還元剤)つけて加温して
薬剤の反応を強くする 昔ながらの
ストレートパーマと同じでしょ(笑)

 

昔なら 遠赤外線とかの機械で
還元剤を加温してたのと原理は同じでしょ・・・

アイロンとかで温度が高すぎると
過還元が起きる可能性があり
危険なだけだよね。

そう単なる 加温による還元促進 だよね♩

 

縮毛矯正のように タンパク質の熱変性の
作用や 水抜きパワーも使わないので

癖の伸び方も 昭和のストパー と同じ♩

 

 

 

少しだけ 癖を伸ばして 落ち着けるだけなら

普通に 薬剤だけで ストレートにしたほうが

良いような気がするのは 場末のぢ〜ぢ だけ??

 

 

その時だけの手触りに 騙されるけど

中身は 昭和のストパーとおんなじやん♩

 

ま これが 見解だよね・・・

 

 

ノンアイロン弱酸性ストレートはダメージレス?
ノンアイロン弱酸性ストレート 弱酸性縮毛矯正 エアーストレート   アルカリ性の薬剤は使用しない! &
ありがちな美容師の思い込み・・・(縮毛矯正編)
美容師 あるある 縮毛矯正編   ありがちな 夢見る美容師達・・・     メー&
ノンシリコン・オーガニックな縮毛矯正?
ノンシリコン処方の オーガニック縮毛矯正!?     真面目に考えて・・・   &
縮毛矯正(ストレートパーマ)の注意点 ヘアダメージ
縮毛矯正(ストレートパーマ) これは 癖毛で悩んでる方には とても 大切なサロンメニューである。  &
騙されないで!嘘だらけの縮毛矯正&パーマ理論
クルクルのクセや ウネウネうねるクセが 特殊なオイルを塗るだけで 「真っ直ぐストン!サラサラストレートに!」 &

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達ブログの更新情報