パーマ

ダメージ減少のためのパーマ 浸透・反応・移動

これからのパーマ技法

 

それは・・・

今での パーマより

ヘアダメージを少なくするパーマ

 

 

そのためには

 

必要以上にSS結合を切らない!

余分な部分を 還元をしない!

 

パーマにとって

大して関係のない

髪の毛の内部のSS結合は

切らないようにする!

 

 

そう

うわべだけ還元

が いいんじゃないのか!?

 

DSC_9547

 

この理論の基本部分は

名古屋にある 椙山女学園大学
上甲恭平教授の

ケラチンタンパクの
酸化還元機能に関する研究や

毛髪のパーマネントウェーブ形成に
おける緩和処理の効果(論文)

などを 参考にさせてもらってるんだね♩

 

 

 

 

ぢ〜ぢの愛孫 きぃちゃん
1日1回 クリックをお願いします♩

にほんブログ村 美容室、サロン
にほんブログ村 美容室、サロン

 

 

 

 

前回の記事

これから使える DO-S式パーマ技法とは?

これから使える DO-S式パーマ技法とは?
パーマは 新しい方向に進もうとしてる? パーマは どんどん 進化してる??? 本当にそうなんだろうか・・・ &&

ここでは 現在あるパーマ技法を整理し

 

これからのパーマ・・・

 

ヘアダメージの少ないパーマを
実現するための技法を考えた!

そこで 今回の うわべだけ還元を
実現するためのパーマ技法として

 

コールドパーマ

プレクリープパーマ

 

この二つの パーマ技法が
いいんじゃないかという
お話に進展したんだね。

 

 

んでね なんで
この2種類のパーマ技法を選んだのか?

実際にどうすれば うわべだけ還元ができるのか?

 

 

これは みんなの察してるように

 

還元タイム を

できるだけ短くする。

 

1液タイムが 2〜3分とか

5分以内なら いい感じだと思う。。。

 

 

そう 超 簡単にいうと

 

パーマ1液の 放置タイムを

5分以内にしましょう!

 

たった これだけなのだ♩

 

 

例えば 20分間も放置すれば

髪の内部の不必要なとこまで 還元してしまう

DSC_9564

 

 

でも 短時間なら 内部までは還元しにくい

DSC_9563

 

 

 

んで 実際に コールドパーマで
うわべだけ還元 を行うには
かなり 条件的に厳しい場合も多く

パーマのかかり具合とかにも制限もあるので
また後で詳しく解説していくので・・・

 

まずは

 

プレクリープパーマ での

お話として 進めていくね。

 

どS美容師式パーママニュアル DO-Sプレクリープパーマ
場末のパーマ屋の どS美容師 ま 一般的には シャンプーおじさん ぐらいに思われているらしいが・・・(笑) 一&

 

 

そもそも 還元剤の働きというのは

 

浸透 反応 移動

 

この3つが主なものなんだね。

 

薬剤が浸透して 化学反応でSSを切断し
形状変化させた形に ケラチンを移動させる!

 

浸透というのは そのままだけど
薬剤が毛髪に浸透していく事

反応は 還元剤なら
SS結合を切るって事ね

移動は ケラチンがロッドを
巻いた形状に移動するって事

 

浸透は意外と短時間で行われるが

SSの還元反応は
表面のキューティクル部分ら
徐々に内部に及んでいく。。

 

ここで 結構 理解しにくいのが

移動 って事なんだよね〜!

 

パーマの原理

 

 

いいんじゃ 移動ってのがどんなもんかというとだね

 

まず パーマ工程の基礎をもう一度 おさらい

 

パーマをかける前

このように SS結合があるとする

DSC_9696

 

 

この結合を切って 髪を曲げると

DSC_9698

そう 外側は 広がろうとするし

中側は 縮まろうとするんだ。。。

 

んで その形状で 2剤をして SSを再結合すると

DSC_9703

 

そう タンパク質が移動しているので

最初と違うものとかが 再結合する。

 

これで 髪の毛の形が変化して

そいつが固定されるってわけなんだよね。。。

 

 

 

んで 移動ってのは これのことだね

DSC_9699

 

普通のコールドパーマの理論で考えて・・・

水巻きで 薬剤をつけずに
ワィンディングしたとして
その後 還元剤(パーマ1剤)をつけると

まず 浸透してから
反応とか 移動をするんだけど

実は この 移動 ってのが
意外に 時間が かかるんだよね!

 

SS結合を還元剤で切るっていっても
たかだか 2割程度だし

ロッドに巻いて形状変化をするのは
それなりの 時間が必要なんだね。。。

 

薬剤が浸透して反応するのは
数分間で行われるけど

実は 移動 に時間が
かかってる場合が多いんだよね・・・

 

 

SSの移動を 待ってる間に

パーマ液が 髪の毛の内部まで浸透し

ダメージさせるだけの 還元反応を

起こしちゃう可能性が高い!

 

そういうことなんだね。。。

 

 

ここまで 理解したら

応力緩和 っていう言葉が出てくる!

 

 

 

おっと・・・

 

まずは 応力緩和 を

おさらいしとかなきゃいけないじゃん(汗)

 

 

 

続く・・・

 

 

クリックは必須です♪

にほんブログ村 美容室 サロン

 

 

これからのパーマ ダメージ軽減の方向性
これからのパーマ ダメージ軽減の方向性   むむむ・・・ 今日のブログの記事名は やたら難しそうだ。&
これからのパーマは 還元が違う!
未来のパーマ これからのパーマ 昨日の記事 “ これからのパーマ ダメージ軽減の方向性 こいつの続きなんだけど&
パーマのちょうどいい還元はココ!?
ここ 10〜15年の間に パーマは 大きく進化した!?   昭和の頃は ロッド径の1.5倍の カール&
猿でもわかる! うわべだけ還元♩
そういや〜 場末のぢ〜ぢが ブログを書き始めたり 美容師さん相手に セミナーを開始したのが 2011ぐらいから&
うわべだけ還元でパーマの持ちは???
これからのパーマは うわべだけ還元!!!?   できるだけ 髪の内部まで還元しないで 髪の毛の表面部&

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お友達ブログの更新情報